iPhoneは最も安全なスマートフォン

スマートフォンと言うのは手の中に入るパソコンと言っても良いくらい高性能勝つ多機能な端末であると言われています。


この小さな端末一つでインターネットバンクの資金を動かすことも出来ますし、パソコンでできるようなことは何でも出来ます。しかしその様な便利な端末である半面、セキュリティに関しては万全ではないという考え方が日々強まっていると言えます。

従来携帯電話には悪意を持ったウイルスと言うものはあまり一般的な存在ではありませんでした。

その理由としては、通信する情報量がそれほど多いものでなかったりするためにあまりセキュリティに関心を示す人が多くなかったという背景があります。

iPhone6sの発売日に対して関心度が高まっています。

それがある日突然スマートフォンと言う手のひらサイズのパソコンが手に入ったのですから感覚としては以前のままであったと言えるでしょう。
現実問題としてスマートフォンのセキュリティは決して安全と言えるレベルではないと考えられています。



近年になってようやくスマートフォン専用のウイルス対策ソフトが登場しましたが、アプリを通じて様々なことができるスマートフォンでは限界があると考えられています。

特にアンドロイドではアプリの規制がかけにくいためリスクがあるのです。



一方iPhoneではアップル社独自のOSであるiOSを搭載したiPhoneというモデルしか存在していないという理由から、セキュリティ対策が取りやすいという特徴を持っています。
またアプリの配布もアップル社の管理下からしか行うことが出来ないため、iPhoneのセキュリティはアンドロイドよりも高いと言えるのです。